まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】家庭の「減災」対策、実施率は16.0% ミドリ安全調べ

2020年3月16日

安全靴・作業着などの通販サイト「ミドリ安全.com」はこのほど、子どもと同居する母親を対象に「家庭の防災・減災対策」に関する実態調査を実施し、その結果を発表した。災害に対応するための防災食(非常食)の備蓄率は全国平均で56.3%。2018年調査と比べ13.8ポイント上昇するも、約4割の家庭では防災食を全く備えていないこともわかった。防災食を食べた分だけ買い足して、常に新しい食料を備蓄しておく備蓄法「ローリングストック」の実施率は全国平均で20.0%。2018年調査から6.3ポイント上昇し、過去最高となった。住んでいるエリアの最寄りの避難場所(防災拠点)を知っているかを聞いたところ、全国平均で36.4%が「明確に知っている」と回答。「なんとなく知っている」が46.0%、「知らない」が17.6%となった。簡易トイレの備蓄率は22.0%、汚物処理のための圧縮保管袋の備蓄率は11.1%にとどまった。【3月12日 新建ハウジングより】
▼ミドリ安全.com 家庭での防災・減災
https://ec.midori-anzen.com/shop/e/ea217_010/

  • 関連タグ: