まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】日本初の地区津波防災計画・大槌町安渡地区が防災アーカイブ展/岩手

2020年3月19日

2013年に国内で初めて地域独自の「津波防災計画」を作った岩手県大槌町安渡地区の防災への取り組みをまとめた企画展が、町内で開かれている。「津波から身を守るために 安渡の防災訓練」と題された企画展では、津波から2年後の2013年に安渡地区の町内会が日本で初めて作った「地区津波防災計画」に関わる取り組みの経緯や内容が、パネルや動画で展示されている。海沿いの安渡地区では東日本大震災の津波で当時の住民のおよそ1割にあたる199人が犠牲になった。地区では被害の検証が行われ、それをもとにした避難訓練も重ねている。また、写真やビデオによる記録班を組織して津波の教訓を後世に伝える努力も行っている。安渡地区の防災アーカイブ展は今月22日まで、大槌町文化交流センターで開かれている。【3月18日 岩手放送より】

  • 関連タグ: