まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】東日本大震災の教訓、学校現場へ 教職員向け被災地研修―南海トラフに備え / 宮城

2021年3月9日

宮城教育大(仙台市)の「311いのちを守る教育研修機構」は、南海トラフ地震の被災想定区域などの教職員を対象とした東日本大震災の被災地での研修を進めている。震災遺構や語り部の経験談を通じ、防災意識を高める目的。地元に戻った教員らは教訓を学校現場で広め、災害に備えようとしている。2019年4月に設立された同機構は、遺構を活用した研修を2回実施。教諭ら計42人が参加し、岩手県や宮城県で被災した学校跡地や避難経路などを巡った。研修は毎年2回実施する予定で、新型コロナウイルスの影響で参加人数を制限するが、21年3月に開催する準備を進めている。【3月8日 時事通信より】
▼宮城教育大学防災教育研修機構(311いのちを守る教育研修機構) / facebook
https://www.facebook.com/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%98%B2%E7%81%BD%E6%95%99%E8%82%B2%E7%A0%94%E4%BF%AE%E6%A9%9F%E6%A7%8B%EF%BC%93%EF%BC%91%EF%BC%91%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E6%95%99%E8%82%B2%E7%A0%94%E4%BF%AE%E6%A9%9F%E6%A7%8B-186399925403411/

  • 関連タグ: