まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】災害に備え障害児らが「テント村」体験/和歌山

2019年8月19日

障害児に特化した独自の避難所開設を目指すNPO「ころん」は8日、和歌山県白浜町の障害児通所施設で、災害時に避難する「テント村」体験を行ない、同施設や同NPOが運営する田辺市朝日ケ丘の施設に通う小中学生と職員ら約50人が参加した。同NPOは、災害時に障害のある子どもと家族が安心して避難できる場所をつくることを目指している。昨年は2回、田辺市下三栖の障害児通所施設で水道や電気といったライフラインを止めて「避難所体験」をした。今回は、避難所で対応しきれない人数を受け入れる場として、また、大勢で過ごすことが苦手な子どもたちへの対応として、障害児と家族を対象にした「テント村」を開設するための練習として実施した。【8月9日 紀伊民報より】
▼ころん 放課後等デイサービス 児童発達支援
https://www.facebook.com/ころん-放課後等デイサービス-児童発達支援-264656870606364/

  • 関連タグ: