まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】災害の備え授業で体験 川副中生徒が避難所設営/佐賀

2020年11月13日

中学生が防災について学ぶ体験授業が6日、佐賀県佐賀市の川副中学校で行われた。同校は文部科学省の「学校安全総合支援事業」のモデル校に指定。6日の体験授業では、2年生約90人が「土のう作り」「避難所設営」「避難グッズ」「アナウンス」の4つの班に分かれて活動。「避難所設営」班は、段ボール製造販売の九州カートンが資材提供と組み立て方の指導をし、段ボールベッドやトイレの設営に取り組んだ。外国人が利用することを想定し、多言語の案内板も設営していた。「土のう作り」では、県防災・砂防ボランティア協会の担当者から指導を受け、土のうと土のうの間に土をかぶせるなど頑丈な積み方を体験した。作業の様子は動画で撮影、12月に全校生徒の前で紹介する。【11月12日 佐賀新聞より】

  • 関連タグ: