まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】災害支援の在り方学ぶセミナー 美作、豪雨での経験共有/岡山

2019年12月3日

岡山県と岡山NPOセンターの主催で、西日本豪雨のボランティア経験者らを講師に迎え、災害支援の在り方を学ぶセミナーが1日、美作市消防本部研修ホールで開かれ、市内外の社会福祉協議会職員や消防団員、看護師ら約25人が参加した。講師は甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区で支援に当たった看護師の山中弓子さんと、大工の北山紀明さんが務めた。山中さんは避難所運営に携わった際、衛生管理のためにベッドと食事、会話スペースを分けたと説明。「被災者同士と管理者が交流しやすくなるとストレスが軽減し、心身両面での支援につながる」と述べた。被災家屋の再建を手伝う北山さんは、社協やボランティア、工務店などの協力体制づくりの重要性を話した。【12月1日 山陽新聞より】

  • 関連タグ: