まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】災害時も美味しいご飯「サバメシ」 湯せんでなめらかさ

2019年9月12日

名古屋文理大学短期大学部の日比野久美子教授が、「災害時も美味しいご飯」をコンセプトに、毎日の食卓でも使う缶詰や水煮用食材を使って作れるレシピ「サバイバルメシ(サバメシ)」の開発を、キャンパスがある縁から愛知県名古屋市西区役所とともに5年前から進めてきた。和食、洋食の主菜、副菜、汁物、デザートでレシピは全30種。「大学の管理栄養士の資格を持つ教員や学生らと100種類近いレシピを考え、厳選した」と話す。調理方法は、1枚のポリ袋にまとめて入れた食材を、鍋に沸騰したお湯に浸す「湯煎」で行う。最近はおなかの調子を整え、お通じを促す効果があるレシピ開発に取り組む。避難所では体調を崩す人が少なくない。「食事で体調を整え、お通じにつなげることで、避難所でも健康に過ごせるようにしたい」と話す。【9月10日 朝日新聞より】
▼名古屋文理大学短期大学部 サバメシ
https://www.nagoya-bunri.ac.jp//COL/community/post.html

  • 関連タグ: