まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】留学生に防災講習、避難の重要性を学ぶ/佐賀

2019年12月4日

佐賀県佐賀市内在住の外国人に地震や大雨などの防災の基礎を学んでもらい「リーダー」を育てる講習会が11月30日、同市の本庄公民館で開かれた。8月の佐賀豪雨時、佐賀市内には約1800人の外国人が在住していたが誰一人避難しておらず、外国人の防災リーダーを育成しようと市が企画し、市内の大学や短大の留学生約30人が参加した。市の防災担当の職員が、佐賀豪雨時の市内の被災状況を紹介した上で、大雨と地震の防災対応の違いと基礎的な避難の方法について説明した。避難所用の段ボールベッドは、参加者全員で組み立てた。講習会は今後、シリーズ化することにしており、佐賀市総務部の大串賢一副部長は「市内の技能実習生にも参加してもらい、地域住民とともに行動する防災リーダーを育てたい」と話した。【12月3日 佐賀新聞より】
▼佐賀県 「外国人向け防災講習会」を佐賀市で開催します
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00372056/index.html

  • 関連タグ: