まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】紀伊半島下の南海トラフ地震想定震源域でのスロースリップの”すべりの遅れ”が発見されました -京都大学防災研究所

2022年1月7日

京都大学防災研究所は4日、澁谷拓郎教授らが、国立研究開発法人 建築研究所をはじめ他機関と共同して2013年~21年にかけて実施した研究で、南海トラフ地震の詳細な固着はがれの検出に成功したと発表した。【1月4日 京都大学防災研究所より】
▼建築研究所 南海トラフ地震の詳細な固着はがれの検出に成功!
https://www.kenken.go.jp/japanese/information/information/press/2021/535.pdf

  • 関連タグ:

最新記事