まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】街の駅 高校生、地域に防災伝え 山崎高校/兵庫

2018年6月1日

生徒が積極的に防災教育に取り組んでいる兵庫県立山崎高校は、生活創造科が中心となって「山高街の駅」を行っている。防災教育で学んだことを広めたり、生活創造科の生徒が作った和洋菓子を販売したりしている。5月26日には、宍粟市山崎町中井のショッピングセンターで開催され、生徒が作った「防災ガイドブック」を配布し、市民からいざという時のために「備蓄しておきたい非常食アンケート」を実施した。結果は、校内で発表するということである。山崎高校は、ぼうさい甲子園で2年連続入賞しており、街の駅は年5、6回行っている。【5月30日 毎日新聞より】
▼兵庫県立山崎高等学校 第2回山高街の駅
https://bit.ly/2J7RGJQ

  • 関連タグ: