まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】西日本豪雨の被災者 4割近くが避難ためらう「感染が怖い」

2020年7月6日

西日本豪雨から2年になるのを前に、NHKは今年5月から6月にかけて広島、岡山、山口、愛媛の4県の被災者1万1000人余りを対象にアンケートを行い32%にあたる3540人から回答を得た。この中で、大雨などで避難勧告や避難指示が出た場合、自治体が指定する避難所に避難するか尋ねたところ、「避難する」が36%、「避難したい」が24%と合わせて60%にのぼった一方、「避難したくない」が21%、「避難しない」が15%と合わせて36%が避難をためらっていることがわかった。理由を複数回答で尋ねると、「新型コロナウイルスの感染が怖いから」が43%、「プライバシーが確保されていないから」が41%だった。また、避難所について自治体に求めたいことを複数回答で尋ねると、「感染症対策」と「プライバシーの確保」がともに60%にのぼった。災害時の避難に詳しい東京大学大学院の松尾一郎客員教授は「私たちは自然災害と新型コロナという複合災害に直面している。いわゆる3密になりやすい避難所の環境を最優先で改善するとともに、在宅避難やホテルなど避難の形態を住民が選択する分散避難を考えて備えておくべきだ」と指摘している。【7月3日 NHKニュースより】

  • 関連タグ: