まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】豪雨被災生徒との向き合い方学ぶ 矢掛で震災経験者講師に教員研修/岡山

2018年10月11日

西日本豪雨で被災した高校生たちの心のケアに関する研修会が9日、岡山県立矢掛高校で開かれ、被災した生徒が多く通う同高をはじめ、近隣の総社、総社南、真備陵南高の教職員ら約40人が参加した。東日本大震災を経験した宮城県女川町の元中学教諭佐藤敏郎さんから、ストレスを抱え込んだ生徒との向き合い方などを学んだ。佐藤さんは「教諭として、震災に遭った生徒たちに現実とどう向き合わせたらいいか悩んだ」と言い、「人の生や死を題材にした教材をあえて避けず、命について考える機会を設けた」と話した。参加者からは「どこまで立ち入っていいのか」「表情は明るくても本心は分からない」といった声が上がり、佐藤さんは「経験した被害の程度により、生徒間でストレスの度合いは異なる。一人一人と丁寧に向き合ってほしい」と呼び掛けた。【10月9日 山陽新聞より】
▼NPO法人カタリバ 西日本豪雨で被災した生徒の心のケアについての研修会を開催しました
https://www.katariba.or.jp/news/2018/10/10/12368/

  • 関連タグ: