まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】避難所での食中毒注意 県・松山市が注意報/愛媛

2018年7月13日

愛媛県と松山市は11日、高温多湿の気象条件が続くとして20日までの10日間、本年度初の細菌性食中毒注意報を発令した。県によると、予防のポイントは、細菌を付けない、増やさない、加熱すること。調理や食事の前と用便後の手洗い▽食品を長時間室温で放置しない▽中心部まで火を通す加熱などに注意が必要だとしている。県は豪雨災害を受け、避難所生活での食中毒を防ごうと、ホームページにリーフレットも掲載。手に傷があったり体調が悪かったりする人は調理や配膳をしないようにするほか、断水で水が十分にない場合は、ウエットティッシュを活用するよう呼び掛けている。【7月12日 愛媛新聞より】
▼松山市 細菌性食中毒注意報を発令しました(平成30年7月20日まで)
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kurashi/syokuhin/keikaku/saikintyuihou180711.html

  • 関連タグ: