まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】避難所への同行可否を把握している飼い主は3割止まり 犬猫飼い主で意識の差も ペット防災調査

2018年3月15日

災害発生時に最寄りの避難所にペット連れで避難できるかどうかを把握している買い主は、約3割にとどまっていることが13日、ペット保険を販売するアイペット損害保険の調査で分かった。調査は全国の犬・猫飼育者1449人にインターネットによるアンケートで行った。ペットのために防災対策を講じた飼い主は過半数に上ったが、犬では60.9%、猫では35.8%と意識に差がある。対策の内容では「待て」や「おすわり」など基本的しつけに加え、フードや飲料水、トイレ用品などを準備した飼い主が多い。一方、自宅から最寄りの避難所を知っている飼い主は72.3%と大多数を占めたが、このうちペットを連れて避難できるかを調べているのは43.0%に止まった。【3月13日 産経ニュースより】
▼アイペット損害保険 ペットのための防災対策に関する調査
https://www.ipet-ins.com/news/petresearch20180313.html

  • 関連タグ: