まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】避難時の持ち物は? 本宮・白岩小で防災授業、ガイドブック活用/福島

2020年10月14日

福島県本宮市の白岩小学校は8日、自然災害から身を守るための防災に関する授業を行った。昨年の東日本台風(台風19号)や東日本大震災を教訓に防災意識を高め、早期避難など、災害時に自ら考えて行動できる力を養おうと、4年生の社会科の一環で行われた。児童は県の防災ガイドブック「そなえるふくしまノート」を活用し、「避難に必要な物」をテーマに話し合った。避難所での生活などを考え、持ち物として水やマスク、ブランケット、携帯トイレなどを挙げた。必要な理由について「マスクは新型コロナウイルス感染症から身を守るため」、「ブランケットは寒さをしのげる」と意見を出し、事前の備えの重要性に理解を深めた。【10月11日 福島民友新聞より】
▼福島県 防災ガイドブック「そなえる ふくしま ノート」
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010a/sonafukunote.html

  • 関連タグ: