まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】防災すごろくで災害時の行動確認 江南中で講座/静岡

2019年7月12日

静岡県浜松市のNPO法人みらいネット浜松による防災講座が10日、南区の江南中学校であり、生徒がすごろくを通して災害時に身を守るすべを学んだ。江南中は浜松市の沿岸地域にあり、海からの距離が1キロ弱。みらいネット浜松理事長の河原みち代さんは「南区は遠州灘や天竜川が近く、地震で津波が来ると大きな被害が予想されます」と生徒200人を前に話した。「防災すごろく」は、防災や減災の心構えが学べるゲームで、みらいネット浜松が2016年に考案。サイコロを振って駒を進めると、「家の近くの避難所はどこ?」や「やけどの応急処置方法は?」など災害時に役立つ知識や情報を確認することができる。生徒たちは駒を進めながら、防災グッズが書かれたアイテムカードを手に入れて、災害発生後にどう安全に行動するかなどを学んだ。【7月11日 中日新聞より】 ▼みらいネット浜松 出前講座『みんなの防災すごろく』 https://mirainet.hamazo.tv/e8110029.html

  • 関連タグ: