まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】防災・復興 意見交換熱く 糸魚川白嶺高 神戸と宮城の生徒と/新潟

2017年10月12日

糸魚川大火を教訓に、防災・減災や復旧・復興に関する教育を強化している新潟県糸魚川市の糸魚川白嶺高校は7、8日、災害に関する特色ある教育活動で注目されている兵庫県神戸市の舞子高校と宮城県多賀城市の多賀城高校の生徒を招いた「白嶺防災フォーラム」を初めて開いた。フォーラムは7日、白嶺高で糸魚川大火の概要や市の復興計画について説明を受け、被災地を視察した。8日の意見交換には3校から計約20人が参加。糸魚川が防災力の強い街に復興するため何ができるか話し合った。閉会あいさつで白嶺高の須藤良平校長は「学校の特色を出しながら、地域に必要な人材を育てるのは重要なこと。今回は防災、減災の先進校のノウハウを勉強できた」と述べた。白嶺高3年の中村玲奈さんは「最初は、火事と地震、津波では同じ議論はできないのではないか、と心配したが、意見を交わして防災の根本は同じだと思った。先進校の皆さんの話は勉強になった」と話した。【10月11日 新潟日報より】
▼宮城県多賀城高等学校 防災学習プログラム「平成29年度 白嶺防災フォーラム」
http://www.tagajo-hs.myswan.ne.jp/esd_bousai.html#2017_itoi

  • 関連タグ: