まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】陸自が協力、高校生が災害時の対応学ぶ/茨城

2018年11月8日

茨城県立藤代紫水高校は6日、陸上自衛隊古河駐屯地の協力を得て、「体験型防災訓練」を実施した。水害時の緊急避難場所に指定されている同校が、自治体や地元住民と緊密な連携を図るため訓練を企画した。体育館を会場に生徒は学年ごとに分かれ、負傷者搬送法、止血法、土嚢づくりの3つの対応をローテーションで学んでいった。土嚢づくりでは袋に砂を入れる以外にも、土嚢を積む体験が用意された。訓練後、隊員は「皆さんができることは自助と共助。防災に関して意識を持ち、地域の防災訓練に参加して助け合うことが大切だ」と呼びかけた。【11月6日 産経新聞より】
▼茨城県立藤代紫水高等学校 県内高等学校初の企画 自衛隊・地元自治体・自治会と連携した体験型防災訓練を実施
http://www.fujishiroshisui-h.ibk.ed.jp/index.php?action=pages_view_main&&block_id=967#_967

  • 関連タグ: