まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】震災10年 分野越え連携を 東北大災害研シンポ/宮城

2021年3月10日

東北大災害科学国際研究所は7日、東日本大震災から10年の歩みと今後10年の活動の展望を探るシンポジウムを宮城県仙台市の仙台国際センター展示棟で開催した。災害研の工学・理学、医学、人文社会、教育・情報の4分野から10年の取り組みを報告。連携先の行政や大学、災害研の若手研究者らが今後10年の役割について意見交換した。2013年7月に連携協定を結んだ気仙沼市の菅原茂市長は、災害情報の可視化や精度向上に期待を示し「自然への畏怖畏敬の念を育むメッセージを発信してほしい」と述べた。若手研究者からは「いかに連携を深められるかが鍵」「複合災害への備えの視点が必要」「歴史資料は災害に強い地域づくりに貢献する」「伝承は海外と協力を」といった意見が出た。【3月8日 河北新報より】
▼東北大災害科学国際研究所 東日本大震災10年シンポジウム
https://irides.tohoku.ac.jp/event/annual_symposium/houkokukai/10years.html

  • 関連タグ: