まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】静岡県防災アプリで津波避難体験 湖西

2019年6月17日

静岡県が6月から運用を開始したスマートフォン向け総合防災アプリ「静岡県防災」を使って津波避難を体験する会が13日、湖西市新居町であった。県と市地域防災指導員連絡会が県内で初めて開催した。参加者はアプリをダウンロードした後、海岸近くの住宅地で、日ケ崎地区の津波避難タワーを目的地に設定し、スマホを手に表示されるルートをたどった。アプリには時間や距離、分速などが示された。到着後に津波シミュレーション機能と合わせて、自分の避難経過と押し寄せる津波の位置関係も確認した。初めてでうまく使えず戸惑う人も多かったが、県の担当者は「何度も使ってもらうことが大事。次回の県の総合防災訓練にも活用し、普及に努めたい」と話し、避難途中の危険箇所を写真や文字でメモできる機能などを紹介した。【6月14日 中日新聞より】
▼静岡県 総合防災アプリ「静岡県防災」
http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/application.html

  • 関連タグ: