まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】双葉の災害伝承館、3日から内容充実 実物展示、解説を順次追加/福島

2021年3月4日

東日本大震災から十年になるのを前に、福島県は双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館の展示内容を3日から順次、充実させる。展示物などの解説文をより詳しく、分かりやすい内容とする。大熊町の旧原子力災害対策センター(オフサイトセンター)にあった地形図などを新たに展示する。館内の展示数は現行の約170点から、3月末までに約190~200点に増える見通し。原発事故前に福島第一原発で講じられていた津波対策に対し、国会や政府の事故調査委員会がまとめた見解などを紹介する。関連死は発災から10年となる今も増え続けている実態などを説明する。県生涯学習課は「今回の追加展示で完了ではない。今後も必要に応じて工夫を重ねていく」としている。【3月3日 福島民報より】
▼東日本大震災・原子力災害伝承館
https://www.fipo.or.jp/lore/

  • 関連タグ: