まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】明治三陸大津波 釜石の伝承碑修復「教訓忘れない」/岩手

2021年3月23日

岩手県釜石市唐丹町の本郷地区にあり東日本大震災で破損した、明治三陸大津波(1896年)の伝承碑が、今月修復された。伝承碑は同地区の旧防潮堤(高さ約11.5メートル)の南側で被災。アスファルト状の特殊な銘板の半分ほどが破損した。現在は、防潮堤北側に「100回逃げて 100回来なくても 101回目も必ず逃げて」(当時の中学生)などの碑文で知られる震災の津波記憶石と、昭和三陸地震津波(1933年)の記念碑とともに並ぶ。【3月22日 毎日新聞より】

  • 関連タグ: