まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】津波の恐ろしさや避難方法を巨大画面で 宮城 石巻に施設開館 / 宮城

2021年3月9日

東日本大震災の発生からまもなく10年となる中、津波で大きな被害が出た宮城県石巻市に巨大なスクリーンの動画などで津波の恐ろしさや避難の方法を学べる施設が8日にオープンした。施設は木造2階建て、延べ床面積がおよそ450平方メートルで、高さ3メートル50センチ、幅12メートルの巨大なスクリーンが設置され、石巻をおそった津波をコンピューターグラフィックで再現した映像や住民の証言が流され、津波の恐ろしさや避難の方法を学ぶことができる。また、子どもたちがアニメや本で東日本大震災や防災の知識を学べるスペースも。「MEET門脇」は、今月16日までは毎日開く予定で、その後の休館日はまだ決まっていないという。【3月8日 NHKニュースより】
▼3.11みらいサポート MEET門脇
https://311support.com/learn311/meetkadonowaki

  • 関連タグ: