まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】福井地震 発生70年 住民が記録集作成 体験、語り継ぐ責任 永平寺町/福井

2018年5月14日

福井地震の発生70年を来月に控え、永平寺町の体験者らが証言を寄せた記録集「語り継ぐわが町の記録」が完成した。地震の記憶を後世に伝えようと、町健康長寿クラブ連合会の高齢者らを中心に2016年、「語り部の会」を結成。町民から被災証言を募り、昨年から証言を基に制作した紙芝居を学校や福祉施設に出向き演じている。記録集には70~90代の43人から寄せられた文章や紙芝居の絵を掲載し、証言を聞いた小学生の感想文も収録した。編集した会長の和田高枝さんは「体験者が減る中、語り継ぐ責任を感じた。地震は突然起きる。防災に役立ててほしい」と話しており、図書館や小中学校に700部を寄贈する。【5月11日 毎日新聞より】

  • 関連タグ: