まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】避難所の体験、朗読と映像で伝える 仙台市職員の自主勉強会がイベント開催/宮城

2021年2月26日

東日本大震災で避難所対応に当たった宮城県仙台市職員と市民の経験を朗読と映像で伝えるイベント「避難所を取り巻く人々のあの日、あの時」が23日、せんだい3.11メモリアル交流館であった。市職員の自主勉強会「Team Sendai(チーム仙台)」の主催。震災10年の節目の3月に企画する「あれから10年スペシャル」のプレイベントとして開いた。青葉区の60代町内会長の体験談では、避難者が想定の10倍の約3000人に膨れ上がり、中高校生が自主的に手伝いを申し出たことが紹介された。朗読したチーム仙台のメンバーは「今後の課題は若い人をどう防災に巻き込むかだ。子どものためなら動く親同士をうまくつなぎたい」と締めくくった。【2月24日 河北新報より】
▼Team Sendai~ 震災記録チーム
https://www.facebook.com/Team-Sendai-%E9%9C%87%E7%81%BD%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0-253460525433140/

  • 関連タグ: