まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】震度5強 宮城 白石の酒蔵 東日本大震災の経験生かし被害最小限

2021年2月17日

今月13日の地震で、震度5強を観測した宮城県白石市の酒蔵「蔵王酒造」では、10年前の東日本大震災の際に酒瓶が割れた経験を生かし、地震に強い保管のしかたに変えることで被害を最小限に食い止めることができた。具体的には、酒瓶を入れるケースを同じ方向に並べると揺れに弱くなるため、縦と横に組み合わせることで、倒れにくいようにしている。さらに、大きなラップでケース全体を包み込むことで安定感が増し、地震の揺れに強くしているということである。こうした取り組みで、今回の地震ではラップで包んでいない酒瓶が5本割れただけで、被害を最小限に食い止めることができたという。宮城県酒造組合によると、東日本大震災のあとこうした取り組みを行う酒蔵が増えていて、今回の地震での被害は10年前に比べて減っているということである。【2月16日 NHKニュースより】

  • 関連タグ: