まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】震災伝承、オンラインに活路 コロナ禍で市職員有志「チーム仙台」が活動方法模索/宮城

2020年10月1日

新型コロナウイルス禍でも東日本大震災の体験や教訓を語り継ごうと、宮城県仙台市職員の自主勉強会「Team Sendai(チーム仙台)」が、オンライン伝承に力を入れている。チーム仙台は東北大や常葉大(静岡県)などと共同で、市職員の震災体験を聞き取り、記録に残す「災害エスノグラフィー調査」に取り組む。聞き取った体験の朗読や本人による語りなどを通じ、震災後に入庁した職員への伝承も進める。だが、新型コロナの感染が広がり、今年1月以降は活動がストップ。突破口となったのがオンライン伝承会。今後も月1、2回ずつ実施し、11月7日はオンライン版の「あれから9年スペシャル」を開催する。感染の収束が見通せない中、震災10年の節目に計画する「10年スペシャル」の試行を兼ねる。チーム仙台発起人の鈴木由美さんは「コロナ禍であっても震災伝承を止めるわけにはいかない。音質の問題などオンラインには課題もあるが、スマートフォンで手軽に参加できる利点がある。効果的な伝え方を模索し、10年の節目につなげたい」と語った。【9月29日 河北新報より】
▼Team Sendai~ 震災記録チーム
https://www.facebook.com/pages/category/Community-Organization/Team-Sendai-震災記録チーム-253460525433140/

  • 関連タグ: