まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】震災体験、子どもたちに伝えたい 保育士ら復興の歩み紙芝居に/福島

2021年3月17日

福島県福島市の保育施設の保育士らが、東日本大震災の記憶や復興の歩みを伝える紙芝居を完成させ、11日、同市のふくしま中央認定こども園でお披露目された。子どもたちに震災当時の様子や原発事故の悲惨さ、復興までの歩みを伝えようと制作。保育士12人がストーリーの考案からイラスト制作までを手掛け、3~5歳それぞれの年齢に合わせた3種類を完成させた。同園の保育士大内喜美さんが年長の子ども20人に読み聞かせした。3種類のうち、地震発生直後から復興していく様子を伝える紙芝居「ふくしまの記憶」を読み上げると、子どもたちは静かに聞き入っていた。紙芝居は同市の公式ユーチューブでも公開されている。【3月16日 福島民友新聞より】
▼福島市 ふくしまチャンネル【1ch:復興・福島の魅力発信】
https://www.city.fukushima.fukushima.jp/kohoka-koho/shise/koho/look-fukushima/fukushima/fukkou-miryoku.html

  • 関連タグ: