まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】震災学ぶ施設224件に 岩手の津波伝承館など追加

2020年2月6日

国土交通省東北地方整備局などでつくる協議会は3日までに、東日本大震災の被害や教訓を伝える「震災伝承施設」への登録が計224件になったと発表した。ホームページ上で紹介するほか、受け入れ態勢が充実していると判断した施設には専用のマークを道路の案内看板などに使用することを認める。昨年7月に宮城県名取市の震災メモリアル公園など5件、昨年9月に陸前高田市の伝承館など3件を追加。この日は、住宅を根こそぎ奪った津波の威力を物語る「仙台市荒浜地区住宅基礎」など24件の登録を決定した。協議会は遺構などを「伝承ロード」として結び、情報発信する取り組みも進めている。【2月3日 日本経済新聞より】
▼国土交通省東北地方整備局 「震災伝承施設」への追加登録施設が決定しました~登録総数 224 件に~
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/kisya/kisyah/images/79537_1.pdf

  • 関連タグ: