まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【歴史・教訓】震災語り部「まず自分の命守って」 横浜で対策技術展/神奈川

2021年3月18日

災害で得られた知見や被害軽減のアイデアを紹介する「震災対策技術展」が17日、神奈川県横浜市・みなとみらい21地区のパシフィコ横浜で始まった。25回目の開催を記念したシンポジウムでは、東日本大震災や阪神大震災の教訓を語り継いでいる若手が自らの被災経験や活動への思いを共有した。シンポに登壇したのは、10~20代の語り部3人。東日本大震災当時は小学4年で、宮城県東松島市で津波に遭った武山ひかるさんは、大学2年となり、群馬県に暮らす今も活動を継続。新たな試みとして絵本を自費出版し、次世代への継承にも力を入れていると明かした。災害用の製品では、停電や断水に備えるグッズに注目が集まった。地下に整備する大型タンクに仮設トイレを保管できる施設は、防災関連の商品開発が盛んな高知県からの提案。災害時はトイレを取り出して地上に設置し、排せつ物をタンクにためられるようにしているということである。【3月18日 神奈川新聞より】
▼「震災対策技術展」横浜
https://www.shinsaiexpo.com/yokohama/

  • 関連タグ: