まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【災害想定】停電長期化 避難住民に不安広がる/千葉

2019年9月12日

台風15号の影響で、千葉県内では11日も広い範囲で停電が続き、自宅から避難している住民の間に不安が広がっている。広い範囲が停電している千葉県君津市では10日、電力会社の電源車で照明やクーラーが復旧した避難所の1つを「特別避難所」に指定し、体調の悪い人や障害のある人、それに妊婦などを優先的に受け入れている。11日も午前7時現在で避難所には人工呼吸器を使っている人や赤ちゃんを連れた母親など合わせて54人が避難している。市内に住む妊娠9か月の20歳の女性は「通っている産婦人科も停電していて、身体に何かあった時にどうしようかと不安です。早く電気がついてほしいです」と話していた。一方、11日も気温が上がる中で、この特別避難所に避難を希望する高齢者などが相次いでいるが、受け入れ能力を超えていて、希望に沿えないケースも出てきているということである。【9月11日 NHKニュースより】
▼君津市 災害関連情報
https://www.city.kimitsu.lg.jp

  • 関連タグ: