まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【災害想定】北海道地震から1週間 今も1600人近くが避難

2018年9月13日

北海道で震度7の揺れを観測した地震から13日で1週間となった。北海道のまとめによると、今回の地震で12日午後8時現在、道内の7つの市と町の合わせて28の避難所に1592人が避難しており、朝晩の冷え込みが強まる中で、避難生活の長期化による健康への影響が懸念されている。また、胆振地方を震源とする地震が相次いでいることから、気象台は揺れの強かった地域では、今後数日は最大で震度7程度の揺れを伴う地震に十分注意するよう呼びかけている。一方、北海道内の電力需給は引き続き厳しく、政府や北海道電力は、今週中は20%を目標にした節電への協力を呼びかけることにしている。【9月13日 NHKニュースより】
▼北海道 平成30年北海道胆振東部地震に関する情報
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/jishin.htm

  • 関連タグ: