まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【災害想定】飛騨地方、相次ぐ地震 「続く恐れ、注意必要」/岐阜

2020年5月15日

13日、飛騨地方で地震が相次ぎ、岐阜県高山市では震度3を観測した。4月下旬以降、飛騨と長野県中部の県境を震源とする地震が続いている。気象庁によると、4月22日に長野県中部でM3.8の地震が発生して以来、両県境を震源域とする地震が継続。12日までに起きた震度1以上の地震は75回に上る。震源域に近い焼岳の火山活動に変化はなく、付近にある境峠・神谷断層帯との関連は低いとみられ、原因は分かっていない。ただ、今回と同じ震源域では1998年8月以降、数カ月にわたって地震が継続。M5.0で震度5弱を観測した地震もあった。気象庁の担当者は「今回もしばらく続く恐れがある。引き続き注意が必要だ」と話している。【5月14日 中日新聞より】

  • 関連タグ: