まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】「ロボテス」育成拠点に!ドローン操縦消防士 災害対応能力向上/福島

2020年11月19日

全国の消防機関に「ドローン」の導入を進める国は、福島ロボットテストフィールドを操縦士の人材育成拠点とする。総務省消防庁と福島県、施設の指定管理者の福島イノベーション・コースト構想推進機構が20日、災害対応でのドローンの利用促進に関する協定を締結する。協定に基づき人材育成に加え、消防防災分野でのドローンの利用促進や施設の機能強化に向けた調査研究に連携して取り組む。研修のための調整などを県とイノベ機構が行うほか、研究開発が進められているドローンを研修で使い、より効果的なドローンの開発につなげたり、研修を通じて見つかった施設に必要な機能を追加したりすることも想定している。すでに消防庁は施設を利用して全国の消防士や消防学校の教官を対象としたドローン研修を始めており、協定により研修を体系化して人材育成を強化する。県は、全国から研修者が集まることで施設の利活用が進むと期待している。【11月17日 福島民友新聞より】

  • 関連タグ: