まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】「防災の日」官邸で地震想定し訓練 コロナで規模縮小

2020年9月2日

「防災の日」の1日、政府は南海トラフ地震を想定した総合防災訓練を実施した。政府の訓練は午前7時すぎに和歌山県南方沖でマグニチュード(M)9.1の地震が発生し、静岡県から宮崎県にかけて震度7を観測したと想定。閣僚らが徒歩で首相官邸に集まり、緊急災害対策本部会議を開いた。テレビ会議システムを通じて徳島、高知、大分3県の知事が被害を報告し、救助部隊派遣などを政府に要請した。政府が2019年5月に公表した南海トラフ地震の最新の被害想定によると、最悪のケースで、死者は23万1千人、建物の全壊が209万4千棟に上る。建物や資産の直接被害額は171兆6千億円、生産やサービスの間接被害額は36兆2千億円としている。【9月1日 日本経済新聞より】
▼首相官邸 令和2年度総合防災訓練
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202009/01bousai.html

  • 関連タグ: