まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】“コロナ流行中に原発事故” 避難所などの換気は 内閣府が指針

2020年11月24日

内閣府は、新型コロナウイルスなど感染症の流行中に原発などの原子力施設で事故が起きた場合、被ばく対策を基本としつつ、放射性物質の情報に注意して換気をするよう求めるガイドラインをまとめた。感染症流行時の原発防災について、放射性物質による被ばく対策を優先し、換気を控えるとした考え方を、ことし6月に示していたが、自治体に意見を聞くなどした結果、感染症の流行時は、放射性物質の情報に注意しつつ換気の実施を求めるとする内容となった。具体的には、避難用のバスの車内や屋内退避した自宅や避難所で、30分に1回程度窓を開けるよう呼びかけていて、放射性物質が放出されたという情報が出されたり、放射線量が少しでも増えたりした場合は、換気を中断すべきとしている。監修にあたった、感染症対策に詳しい国立国際医療研究センターの忽那賢志医師は、「流行の度合いや住民の年齢などでリスクが変わるので、行政や住民が臨機応変に判断することが必要だ」と話している。【11月23日 NHKニュースより】
▼内閣府 新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた感染症の流行下での原子力災害時における防護措置の実施ガイドラインについて
https://www8.cao.go.jp/genshiryoku_bousai/pdf/08_sonota_guidelines.pdf

  • 関連タグ: