まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】企業の防災対策 4割超「何もせず」 ノウハウ、人手…「小規模」ほど余裕なく/和歌山

2018年6月8日

和歌山社会経済研究所は、地震や津波を想定した県内企業の防災対策の実施状況を調査した。3~4月に和歌山県内2000社を対象にアンケートを行い、648社から回答があった。防災対策を実施しない理由は、「ノウハウがない」が48.5%で最も多く、「人材・人手がない」35.4%、「資金がない」21.2%と続いた。対策を実施していない企業の割合は、「従業員10人未満」で58.4%、「10~19人」では48.5%といずれも全体の44.3%より高かった一方で、企業規模が大きい会社ほど対策を取っているケースが多かった。社会経済研究所の担当者は「多くの小規模企業は防災対策を実施したいと考えている。人材不足など課題を解決するためには近隣の他社と役割分担して助け合うことも必要だ」としている。【6月6日 毎日新聞より】
▼和歌山社会経済研究所 景気動向調査No.110(防災対策の実施状況について/BCPの策定状況について)
http://www.wsk.or.jp/trend/keiki/110/110-5.html

  • 関連タグ: