まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】愛称は「キキクル」に 雨による災害の「危険度分布」 気象庁

2021年3月18日

気象庁は17日、ホームページなどで雨による災害の危険度を5段階に色分けして示す「危険度分布」の愛称を「キキクル」にすると発表した。気象庁は雨による浸水や洪水、土砂災害の危険度を5段階に色分けして地図に示す「危険度分布」をホームページで公表し、自主的な避難の判断などに使ってもらえるよう整備している。しかし、昨年度、気象庁が行ったアンケートでは「危険度分布」の名前や内容を理解していると回答したのは、全体の3割余りにとどまり、認知度の低さが課題となっていた。そこで、気象庁は「危険度分布」の愛称を去年9月から募集し、1200余りの応募の中から審査した結果、端的に危機が迫っていることがわかり、覚えやすいなどといった理由で「キキクル」が選ばれた。気象庁は今後、災害への警戒を呼びかける気象情報や記者会見などでもこの愛称を使う方針である。【3月17日 NHKニュースより】
▼気象庁 「危険度分布」の愛称は「キキクル」
https://www.jma.go.jp/jma/press/2103/17a/20210317_kikendoaishou.html

  • 関連タグ: