まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】母子特化の避難所 災害時開設へ協定 島原市が長崎県内で初

2020年9月30日

長崎県島原市は28日、大規模災害時、妊産婦や乳幼児の受け入れに特化した福祉避難所として児童養護施設を活用するための協定を、社会福祉法人みのり会と締結した。島原市によると、母子避難所の指定は県内で初めてという。今回の協定では、災害時の避難生活に配慮や支援が必要な妊産婦らの母子避難所として、同会が運営する太陽寮の旧施設を利用する。現在、職員寮として使用している鉄筋3階建ての1、2階部分を活用。8畳程度の個室7部屋などを提供する。市は開設時、保健師を配置するほか、水や防災食に加え、紙おむつ、ミルクなどを備蓄する。【9月29日 長崎新聞より】
▼島原市 災害時における母子避難所(福祉避難所)としての提供に関する協定締結式について
https://www.city.shimabara.lg.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=6632&sub_id=91&flid=36600

  • 関連タグ: