まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】河川氾濫でも避難生活可能なまちづくり計画 国と都が整備へ

2020年9月11日

国土交通省の想定では、東京 荒川の堤防が決壊した場合、江東5区の海抜ゼロメートル地帯を中心に浸水が2週間以上続くとされている。国土交通省と東京都は、浸水が続く状況でも最低限の避難生活ができるよう、新たなまちづくり計画を考えた。具体的には、ビルどうしの浸水しない高さの階を通路でつなげるなど、浸水した土地を通らなくても浸水区域の外へ出入りできるようにしたり、堤防の整備に合わせて周囲の土地をかさ上げし、堤防の奥行きを市街地まで広げたりする計画である。国土交通省と東京都は、年内に方策案をまとめ、モデル地区を決めて整備することにしている。国土交通省は「事前に浸水区域外へ避難する『広域避難』と合わせて、浸水区域内でも最低限の生活が送れるようなまちづくりにも力を入れていきたい」としている。【9月10日 NHKニュースより】
▼国土交通省 災害に強い首都「東京」の形成に向けた連絡会議
https://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/renrakukaigi/index.html

  • 関連タグ: