まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】浸水範囲1.8倍「水害リスクマップ」県が公表/群馬

2018年5月17日

群馬県は15日、管理する県内全428の1級河川を網羅した「県水害リスク想定マップ」を公表した。昨年度公表した主要19河川の洪水浸水想定区域に残りの河川を追加した。浸水範囲は1.8倍の約400平方キロメートルに拡大し、域内に24万世帯が暮らす。平野部や山間部でも新たな浸水域が確認された。2016年に台風10号で岩手県の小本川が氾濫したことなどを踏まえ、全管理河川に対象を拡大した。マップは県ホームページや河川課、各土木事務所で閲覧できる。【5月16日 上毛新聞より】
▼群馬県 水害リスク想定マップについて
http://www.pref.gunma.jp/06/h40g_00032.html

  • 関連タグ: