まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】災害公営住宅の建設過程、広く共有 県HPで記録公開/宮城

2020年9月4日

宮城県は、東日本大震災の被災者が暮らす災害公営住宅の建設に至る過程をまとめた「東日本大震災からの復興 災害公営住宅整備の記録」を作成し、ホームページ(HP)で公開した。震災直後から住宅整備を巡る被災市町や県、国の取り組みを6章構成、280ページでまとめた。6月に完成し、7月上旬にHPで公開を始めた。県内全ての災害公営住宅で一定の品質を確保するため、国と県、被災市町、都市再生機構(UR)などが協力して策定した「県災害公営住宅整備指針」や、被災市町の具体的な整備計画を詳しく取り上げた。住民のつながりが希薄になった反省点にも触れ、「地域コミュニティーを担当する部局と建設を担当する部局の組織横断的な連携や全庁を挙げた対応が必要」と指摘した。県は12月までに冊子にまとめて約300部を発行し、全国の都道府県に配布する予定。県住宅課の担当者は「災害公営住宅に必要な取り組みと現状を広く知ってもらい、業務の参考にしてほしい。震災の記憶の風化防止にもつながるはずだ」と話す。【9月3日 河北新報より】
▼宮城県 東日本大震災からの復興 災害公営住宅整備の記録について
https://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/seibinokiroku.html

  • 関連タグ: