まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】神奈川県が高潮浸水区域を指定 川崎中心部、最大5mで被害甚大

2019年4月24日

神奈川県は19日、台風によって想定しうる最大規模の高潮が起きた場合の東京湾沿岸の浸水想定区域を指定し、15区画の区域図を公表した。指定に先立ち、県が有識者らの協力を得てまとめた浸水シミュレーションによると、浸水の深さ(浸水深)の最大は川崎市のJR川崎駅北口周辺で5メートル程度で、同駅の他の周辺でも3メートル程度の浸水深とされ、川崎市中心部で浸水の懸念が強まっている。県は19日からホームページなどで区域図を公表しており、区域図には浸水深のほかに浸水の継続時間を示した。また、県は新たに、高潮の際に上のフロアへの避難を求める「高潮氾濫危険情報」の発表基準となる高潮特別警戒水位を設定し、19日から運用を始めた。【4月20日 毎日新聞より】
▼神奈川県 東京湾沿岸における高潮浸水想定区域について
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/jy2/takashio/tokyo-bay.html

  • 関連タグ: