まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】西日本豪雨仮住まい2900世帯 入居延長、広島で2割か

2020年1月7日

2018年7月の西日本豪雨で被災し、岡山、広島、愛媛3県の仮設住宅で仮住まいを続ける人は、1年前からほぼ半減したものの昨年12月時点でなお計約2900世帯6600人に上り、広島で少なくとも2割、愛媛で1割弱の世帯が、原則2年の入居期間を超える見通しであることが各県などへの取材で分かった。政府は昨年12月、入居期限の延長を閣議決定した。仮住まいの長期化を想定した対策が求められる。最初の特別警報が出てから6日で1年半。犠牲者は14府県計289人に上る。【1月6日 共同通信より】
▼内閣府防災 「平成三十年七月豪雨による災害についての特定非常災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令の一部を改正する政令」について
http://www.bousai.go.jp/taisaku/hourei/pdf/gaiyou3kami.pdf

  • 関連タグ: