まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】豪雨・台風など災害時の避難はタクシーで 高齢者支援サービス 北九州市が検討

2020年1月8日

福岡県北九州市は豪雨時に単独での避難が困難な高齢者の支援に向け、タクシー会社と連携する方針を固めた。全国ハイヤー・タクシー連合会によると、全国的に珍しい取り組み。自治体は豪雨による水害や土砂災害が予想される際、住民の避難を促す避難情報を出すが、足が不自由な高齢者らは即座に避難できず自宅に取り残されるケースが多い。自力で移動するのが困難な高齢者に事前に登録してもらい、「避難勧告」や「避難指示」より警戒レベルが低い「避難準備・高齢者等避難開始」が発令された段階で、タクシーが高齢者宅に迎えに行って避難所まで送る構想を描く。市は送迎する高齢者の個人情報の扱いや運転手の確保、費用負担などの詳細をタクシー会社側と協議中で、一部地域でモデル事業などを実施することを検討している。2020年の梅雨時期までの実施を目指し、北九州タクシー協会と連携協定を結ぶことも視野に入れている。【12月31日 毎日新聞より】

  • 関連タグ: