まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【防災施策】関空、新BCP訓練公開 台風で利用客孤立を想定/大阪

2019年7月19日

関西国際空港を運営する関西エアポートは18日、昨年9月の台風21号による被害を受けて作成した新事業継続計画(BCP)に基づく訓練を初めて報道陣に公開した。訓練は大規模な台風が直撃して連絡橋が使えなくなり、利用客がターミナルに取り残された状況を想定し、航空会社や地元消防など約180人が参加。案内役の職員らは、個人情報を記入するカードを配布し、高齢者や障害者らを優先して避難所まで誘導した。外国人客には日本語の他、英語、中国語、韓国語の4カ国語で呼び掛ける多言語拡声器も使用した。従来のBCPは地震・津波といった事案ごとに定めていたが、新BCPは原因を問わず停電や空港アクセスの遮断、滑走路閉鎖など18項目の機能喪失ごとに早期の復旧プランを盛り込んだ。22日も国際貨物地区で排水訓練を行う。【7月18日 日本経済新聞より】 ▼関西エアポート 関西国際空港 新BCP に基づく出水期対応訓練を実施 http://www.kansai-airports.co.jp/news/2019/2735/J_190603_PressRelease_BCPdrill.pdf

  • 関連タグ: