まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

エベレスト、低くなった? 衛星画像分析で専門家の議論活発

2015年5月12日

ネパール大地震の衛星画像などを分析した科学者らにより、世界最高峰エベレストの標高が低くなったかもしれないとの議論が活発化している。ヒマラヤ山脈周辺ではインドを載せたインド・オーストラリアプレート(岩板)がユーラシアプレートの下に沈み込みながら年間4~5センチずつ北上し、ひずみがたまりやすいという。米コロラド州の学術団体「UNAVCO」は約2.5センチ低くなったと見解を示し、英ケンブリッジ大の研究者も高さや場所で10センチ未満の動きがあったと分析する一方、豪アデレード大の研究者はエベレストが断層上にないとして変化がないとみている。【5月11日 産経ニュースより】

  • 関連タグ: