まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

スーパーコンピュータ「京」による長周期地震動のシミュレーション~「南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動」への貢献~

2015年12月22日

12月17日に内閣府が公表した「南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動に関する報告書」では、長周期地震動の地表の揺れの推計、超高層建築物の揺れの推計、超高層建築物における最上階の揺れの推計が行われた。これらの推計は、すべてスーパーコンピュータ「京」を用いて計算されている。これにより、南海トラフ沿いの巨大地震が発生した際の長周期地震動による広範囲の地表の揺れや、三大都市圏の超高層建築物の揺れが初めて明らかにされた。「京」には、政策的に重要かつ緊急な課題がある場合に、機動的に利用できる制度が設けられており、内閣府では、この仕組みを利用し、平成25年4月から平成27年10月にかけて計算を実施した。【12月21日 文部科学省より】

  • 関連タグ: