まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

住友生命が防災に関するアンケート調査を実施

2016年2月29日

住友生命保険相互会社が、東日本大震災からまもなく5年となることから、東日本大震災以降の防災対策や防災意識の変化を調べることを目的としてアンケート調査を実施し、その結果を発表している。調査は2015年12月11日から14日までの期間、インターネット応募にて全国の男女500人ずつを対象に実施。最も備えが必要な災害はという質問に対しては、「地震」が79.2パーセントとトップに。また地域別に見た場合、北海道および東北では「大雪・雪崩」、中国および四国、九州では「台風」「大雨・洪水」に対する警戒が強いという結果が出ている。このほか、家庭の防災対策について100点満点で採点すると何点かという質問には全体平均が35.2点となっており、年代別では60代が平均42.1点で、地域別では関東が平均40.0点でそれぞれトップとなっている。【2月27日 保険市場TIMESより】
▼住友生命 スミセイ「わが家の防災」アンケート
http://www.sumitomolife.co.jp/about/newsrelease/pdf/2015/160223.pdf

  • 関連タグ: