まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

初の情報伝達訓練 箱根山噴火想定 避難放送を確認/神奈川

2015年4月30日

県や県警、町などでつくる「箱根火山防災協議会」は3月に観光客らを対象にした避難誘導マニュアルを初めて策定。28日に、そのマニュアルによる初の情報伝達訓練を大湧谷などで行った。訓練は、気象庁から箱根山に「火口周辺警報」が発表され、噴火警戒レベルが2に引き上げられた想定。横浜地方気象台がファクスと電話で関係機関に警報情報を伝達。県警ヘリや町の防災無線・広報車などが避難や下山を促す案内を日本語・英語で繰り返し放送した。【4月29日 神奈川新聞カナコロより】

  • 関連タグ: